公益社団法人名古屋市獣医師会

メニュー

愛玩動物看護師
国家試験受験サポート

愛玩動物看護師国家試験受験サポート

国家資格っておいしいの? 【第5回】

『国家資格万歳!取得して良かったこと』

前回のコラムでは、国家試験は落とすための試験ではなく「自分」との闘いとお伝えしました。

今回は、国家資格を取得したあとのメリットについてお話したいと思います。

 

国家試験を合格し、免許申請という手続きを行うと、約2~3か月後に卒業証書のような賞状様の資格証を手にします。正確には都道府県の総合庁舎のなどに受け取りに行くのですけどね。

資格証には、みなさんで言えば、愛玩動物看護師法により愛玩動物看護師の免許を与える的な文言に、最後に主務省大臣名が、ドヤっ!と記載されます。

現在発行されるとしましたら滝川クリステルの旦那さん、環境大臣小泉進次郎氏と、農林水産大臣の野上浩太郎氏の連名が資格証に刻まれます。

(※2021年11月現在 環境大臣 山口壯氏 農林水産大臣 金子原二郎氏)

 

誰その人?と思った方は、せめて自身が仕えることになるその時の主務省大臣は気にしておきましょう。そう国家資格を手にするということは、

 

国民のために国に仕える人材であると認められるということです。

 

そして日本中どこにいたとしても、その資格を見せびらかして、もとい履歴書に書いて雇ってぇと言えます。

 

ということはですよ!!!

 

ムーミン谷のスナフキンのごとくギターを持って旅に出て、行き着いた先の動物病院で勤務しまた旅に出る!放浪動物看護師にもなれる訳です。

また私のように他の業界に行こうかなぁと獣医療を離れ、ふらぁ~とまた獣医療に戻るなんて働き方もできます。いずれ私は、災害支援をしながらキャンピングカー暮らしをと企んでいるのですが、国家資格のおかげで、お金の心配はしていません。

これってメリットだと思いませんか?

 

次のメリットとしては、どこに行こうが一定の信頼を持って頂ける点でしょうか。

何と言いましょうか、無条件で基礎レベルを持っていると認めて頂けるわけですよ。

古いですが、水戸黄門さまの印籠のように「看護師です!」とドヤ顔をすると、じゃぁあなたアレやって!と地域に溶け込んでしまうわけです。

「いやぁ~悪いことはできませんな!お代官さま」って感じで、資格だけでドヤ顔…いえいえ信用を勝ちとれるのはチートです。

そして無駄な争いに巻き込まれないで済む!と敢えてお伝えしたいです。

 

看護師です」と立場に一線を引くことで、周囲を客観視できます。

 

それはその場を仲介する役割も担うことができるいう意味でもあります。無駄な争いは無いに越したことはないです。うんうん

 

最後になりましたが、一番のメリットは周囲に頼って頂くことができ、私自身も社会貢献できることかなと思っています。

資格を取得してからが本当の始まりですが、やはり人は所属の欲求や自己実現の欲求が満たされることで、幸せを感じるものなのだと気づきます。

 

看護師という資格を持つ過程で、看護の独自性や領域を知り、他の医療職と肩を並べて仕事ができるようになりました。

 

それは患者を中心に対等な立場で、意見が述べられる真のチーム医療であり、この上なく取得して良かったと思えました。

 

 愛玩動物看護師の国家資格を手にした時は、獣医師と肩をならべ「動物看護」を伝えるそんな未来があると良いですね。

 

次回は、国家資格を取得し実際に働いてみてどうだったかをお伝えできればと思います。

お楽しみに!