学校案内

ごあいさつ

動物に寄り添い、飼い主様と獣医師の架け橋になる、それが動物看護師のお仕事です。

本学院は、公益社団法人社団法人 名古屋市獣医師会が運営する全国でも類を見ない学院です。1984年に設立され、その当時は名古屋市獣医師協同組合が運営していましたが、2016年から獣医師会への運営に移行しました。
設立当時、名古屋には動物看護師を養成する施設はなかった為、自分たちの病院で働いてくれる動物看護師を自分たちで養成しようというコンセプトで始まりました。他校では、トリミング、ドッグトレーニング、ペットショップ経営などの授業があるようですが、本学院は動物看護師の教育に特化しています。また、教育年数も2年制、3年制、4年制と様々存在しますが、短期間での養成を目的としていますので、1年間の教育を貫いています。1年間での養成は、確かにハードです。学園祭や体育祭もありません。しかし、本学院へ入学した殆どの学生はこれを乗り越え卒業し、立派に勤務しています。
本学院のもう一つの特徴は、現役の臨床獣医師が講師をしていることです。臨床は教科書通りには行きません。机上の理論だけではなく、臨床に則した生きた授業を受けることができます。また、就職率が高いのも本学院の誇れるところです。
卒業資格取得後には、公益社団法人 名古屋市獣医師会の認定試験を受験できます。これに合格すれば、公益社団法人 名古屋市獣医師会認定動物看護師の資格が取得できます。
さあ、本学院で動物看護師への一歩を踏み出しましょう。


公益社団法人名古屋市獣医師会 名古屋動物看護学院
学院長 三浦 春水

学院の特徴

名古屋動物看護学院は高度化かつ多様化する動物医療の最前線である動物病院において、獣医師の良きパートナーとして、また動物病院のスタッフとして日々の診療をサポートし、さらには入院動物の看護・管理、クライアントへの指導などをおこなえるような女性の人材を養成することを目的とした学院です。


欧米諸国では動物病院のテクニシャンとしての専門技術を有する者は国家資格として認められ、それぞれの職場において活躍しています。日本においても今後有望な専門職として注目されています。


本学院はこのような社会状況に応えるべく、名古屋市獣医師会の会員によって結成された名古屋市獣医師協同組合という獣医師団体により1984年に全国に先駆けて設立されました。
そして、2016年より公益社団法人名古屋市獣医師会が運営しております。


教育プログラムにおいては、他の動物看護師養成施設と違って、学院の運営そのものが獣医師団体によるものであるため、毎日の講義・学内実習がすべて動物病院を開業する第一線の獣医師が担当し、実践的な専門教育を実施しています。教育施設も社団法人名古屋市獣医師会の獣医師会館を利用し、講義には大講堂や教室、学内実習には診療施設や研究施設を使用しています。また在学中は一般の動物病院での学外実習(インターン)制度を設けており、これにより机上では理解しにくいことや学院で勉強したことが実際に病院の中でいかに応用されているかを学んでいきます。さらに卒業後においても卒後教育というかたちで仕事の情報や新しい動物看護学などについての教育を続けています。


これらの教育方針により1年間という短い修学期間ではあるにもかかわらず、優秀かつ実践的な動物看護師を養成し、900人を超える卒業生が全国各地の動物病院で活躍しています。


また全国の動物病院で構成される一般社団法人日本小動物獣医師会では、本学院をいちはやくモデル校としてわが国の動物看護師のありかたなどについても検討を加えました。現在では社団法人名古屋市獣医師会の動物看護師認定制度により、本学院の認定試験合格者には社団法人名古屋市獣医師会の動物看護師認定証が授与されます。また愛知県・岐皐県・三重県・静岡県などの動物病院で構成される中部地区動物病院協会(CAHA)による動物看護師認証も付与されます。



卒業後の就職についても、本学院が獣医師団体による運営のため、毎年卒業生のほとんどが全国の動物病院に就職し動物看護師の道を歩み始めています。


このように名古屋動物看護学院は第一線で活躍中の臨床獣医師が実地教育にあたることを主眼とした獣医師団体による設立および運営を特色とし、1年間の修学期間で優秀かつ実践的な動物看護師を養成することを目的としております。

動物臨床栄養指示者 名古屋市獣医師会