学生生活

学園生活

ここでは、現在名古屋動物看護学院で行われていることや、学生さんたちの日々の生活の様子をご紹介します。なかなか本学院の中の様子をご覧いただけることがありませんので、お楽しみください。

  • 4月

  • 5月

  • 6月

  • 7月

  • 8月

  • 9月

  • 10月

  • 11月

  • 12月

  • 1月

  • 2月

  • 3月

  • 第35回入学式

    名古屋動物看護学院は先週土曜日4月7日に
    第35期生となる新入学生を迎えました。
    学生達はこれからの学生生活への期待やら不安で
    緊張していたと思いますが、私達、名古屋動物看護学院は
    学生との新しい出会いを楽しみにしていました。

    学生達の個性を生かしながら、即戦力となる動物看護師を1年で育てあげます。
    その年によって、学年のカラーが違うのも面白く、今年はどんな一年になるのかワクワクしています。

    入学式後の担任との面談を見ていると、今年は皆、
    いい感じで力が抜けていて、楽しい一年になるので
    はと期待が持てました。
    あっという間の1年間、厳しい時もあれば、
    楽しい時もある。
    一緒に頑張っていきましょう。

    そして、当学院での最初の授業は動物看護学概論です。
    この授業では動物看護学とはなんぞや、これから一年何を学ぶか、動物看護師の役割について学びました。

    まずは学生の皆がどうして動物看護師になろうと思ったかを自由に話してもらいました。
    自分達が飼っている動物を動物病院に連れて行った時、動物看護師のキラキラした仕事ぶりに感動した、動物達のために何かしてあげたいという理由が多かったです。

    看護学では3H3Sと言うキーワードが重要。

    3H
    • Heart 優れた感性と思いやりの心
    • Head 看護の知識と判断力
    • Hand 手のぬくもりを伝える確かな技術
    3S
    • Sprint 看護を目指す精神力の強さや向上心
    • Science 専門的な知識
    • Skill 専門的な適した技術

    心のこもった看護
    正しい知識のある看護
    適した技術のある看護

    どれがかけても看護はできません。

    少人数の学院だからこそ、初日から皆和気あいあいと緊張せずに授業が進みました。
    自分の理想とするキラキラした動物看護師を目指しましょう。

  • 病院実習

    名古屋動物看護学院の大きな魅力の一つに病院実習制度があります。
    (公益)名古屋市獣医師会の獣医師のネットワークを活かし、名古屋市だけでなく、愛知県全域、岐阜県や三重県内の動物病院のご協力を得て、病院実習を行わせて頂いています。

    ~学外病院実習の流れ~

    • ① 開業獣医師でもある担任の動物病院に見学、動物病院を内側から見学
    • ② 担任と相談を重ね、あるいは教務委員会でも話合いながら、実習先を決定
    • ③ 実習先の動物病院に実習の依頼
    • ④ 実習先の動物病院から承諾を得られたら、実習スタート!

    実習スタート時は誰でも緊張します。

    なかなか自分からは動けない。

    話掛けられない。

    何をしていいのか分からない。

    そういった悩みやモヤモヤを担任に相談しながら、
    あるいは実習先の先輩看護師の皆さんに助けられながら、
    学生達は成長していきます。

    毎月末には実習レポートを提出してもらい、できなかった事、自分への課題やこれからの目標を 書いてもらいます。後でレポートを振り返ると、自分がどれだけ成長したかがよく分かります。

    そして、名古屋動物看護学院では毎年、卒業前にアンケートを実施しており、
    実習についての学生達の感想を一部、紹介します。

    • ○実習制度でいいなと思った事は、自分が苦手としていることが実習をしてよく分かり、学校でずっと授業をしているより実際に実践した方が自分自身、向上できたと思う。
    • ○バイトとは違う大変さを知った。コミュニケーションをとるのがうまくなった気がした。
    • ○実際に病院で働いてみて、授業で習ったことがすぐに活かせた時もあり、就職するまでに仕事を覚える事ができるから、とても就職しやすい。
    • ○少しだけ自分の意見が言えるようになったと思う。
    • 〇先生達とのコミュニケーションがたくさんとれるようになった。

    と、当学院の実習制度が学生達にとって本当にためになっているな、
    卒業してすぐに即戦力として働ける動物看護師として育ってくれているなと感じます。

    いつもご協力頂いている、実習動物病院の院長やスタッフの皆さまには本当に感謝しております。
    この場をお借りしてお礼申しあげます。

  • 学生アンケート

    6前回、名古屋動物看護学院の学生アンケートについて少し紹介しました。
    このアンケートは学生生活はどうだったか、授業内容はどうだったか等を調査して、
    動物看護学を学ぶためにより質のいい教育、環境を作るために今後の参考にさせてもらっています。
    もう少し、アンケートの結果を紹介しましょう。

    ◎授業の進め方や内容、教員について、あるいはカリキュラムについて
    • ○いろいろな病院の先生方が授業を教えに来て頂いて、
      授業の進め方などが違ったりして良かったと思います。
    • ○たまにレポート期限とテストの日が近かったりするので辛かった。
    ◎就職活動、就職指導について
    • ○約1年間ずっと動物病院で実習できるので就職活動は有利になっていたと思う。
    • ○先生たちが色々なアドバイスをくれたのでいい動物病院に就職できたと思う。
    • ○現場の先生たちが考えていろいろと指導してくださいました。
    ◎一年この学院で学んで自分自身、変わったと思いますか?それはどのような部分ですか?
    • ○嫌いな事、苦手な事、辛いことから逃げなくなった。
    • ○親からも頑張りやさんになったねと言ってもらえたので変わることができたんだと思う。
    • ○精神的に強くなれた。
    • ○少しだけ自分の意見が言えるようになったと思う。
    ◎その他 一年を通して総合的に本学院に対して思った事を自由に書いてください。
    • ○クラスメイトにも恵まれ、いい環境で学べました。人数少ない方がいろんな人と仲良くなれるかもしれません。
    • ○講義をしてくれた先生もいい先生ばかりでした、厳しい先生もいたけど、私達の事を思ってくれてるんだと思ったら好きになれました。1年すごく早かったです。早いという事は充実してたんだと思います。
    • ○1年という短い時間で、すごく濃い時を過ごせたと思います。初めの頃は実習と勉強の両立が大切でいたけど、教えて頂いた先生方がすごく丁寧に病気や次週の事など話してもらったおかげで授業が楽しく感じられました。
      そして、もっと自分でもいろいろな違う分野を勉強していき、動物とうまく向き合っていきたいと思えました。
    • ○最初は1年で動物看護師について学べるかどうかと思ったけど、一つ一つの授業の内容が濃くて1年で十分に勉強できたと思う。実習もできていいと思った。

    名古屋動物看護学院の雰囲気が少しでも皆さんに伝わると嬉しいです❕❕❕

動物臨床栄養指示者 名古屋市獣医師会