学生生活

学園生活

ここでは、現在名古屋動物看護学院で行われていることや、学生さんたちの日々の生活の様子をご紹介します。なかなか本学院の中の様子をご覧いただけることがありませんので、お楽しみください。

  • 4月

  • 5月

  • 6月

  • 7月

  • 8月

  • 9月

  • 10月

  • 11月

  • 12月

  • 1月

  • 2月

  • 3月

  • 第35回入学式

    名古屋動物看護学院は先週土曜日4月7日に
    第35期生となる新入学生を迎えました。
    学生達はこれからの学生生活への期待やら不安で
    緊張していたと思いますが、私達、名古屋動物看護学院は
    学生との新しい出会いを楽しみにしていました。

    学生達の個性を生かしながら、即戦力となる動物看護師を1年で育てあげます。
    その年によって、学年のカラーが違うのも面白く、今年はどんな一年になるのかワクワクしています。

    入学式後の担任との面談を見ていると、今年は皆、
    いい感じで力が抜けていて、楽しい一年になるので
    はと期待が持てました。
    あっという間の1年間、厳しい時もあれば、
    楽しい時もある。
    一緒に頑張っていきましょう。

    そして、当学院での最初の授業は動物看護学概論です。
    この授業では動物看護学とはなんぞや、これから一年何を学ぶか、動物看護師の役割について学びました。

    まずは学生の皆がどうして動物看護師になろうと思ったかを自由に話してもらいました。
    自分達が飼っている動物を動物病院に連れて行った時、動物看護師のキラキラした仕事ぶりに感動した、動物達のために何かしてあげたいという理由が多かったです。

    看護学では3H3Sと言うキーワードが重要。

    3H
    • Heart 優れた感性と思いやりの心
    • Head 看護の知識と判断力
    • Hand 手のぬくもりを伝える確かな技術
    3S
    • Sprint 看護を目指す精神力の強さや向上心
    • Science 専門的な知識
    • Skill 専門的な適した技術

    心のこもった看護
    正しい知識のある看護
    適した技術のある看護

    どれがかけても看護はできません。

    少人数の学院だからこそ、初日から皆和気あいあいと緊張せずに授業が進みました。
    自分の理想とするキラキラした動物看護師を目指しましょう。

  • 水生生物を知る

    6月5日(火)、教室から飛び出し、水生生物、主に海洋生物についての勉強をしてきました。
    4月に入学してから約2か月が経ち、そろそろ学院の雰囲気や授業にも慣れ、緊張もほぐれてきました。
    卒業後は学生達は動物病院に就職するわけですが、色々な動物に興味を持ち、
    知る事はとても大事な事です。
    少し遠足気分も味わえたのではないでしょうか。

    イルカやアザラシに触れ、想像とは異なる感触!
    カメを両手でしっかり抱え、柔らかい部分もあるんだ!
    犬や猫とは異なる水生生物の医療。

    観察して正常を知る。正常を知らなければ、
    異常も分かりません。

    実際に触れてみないと分からない事がたくさんあります。
    学生達の驚く声や関心する声がとても活き活きとしていました。

    そして、全ての学生の学外実習先が決まり、
    本格的な学院生活が始まります。
    そのエールを込めて、バーベキューをしました。
    学生同士の親睦も深まったのではないでしょうか。
    天気にも恵まれて、最高の学外実習になりました。

動物臨床栄養指示者 名古屋市獣医師会