学生生活

学園生活

ここでは、現在名古屋動物看護学院で行われていることや、学生さんたちの日々の生活の様子をご紹介します。なかなか本学院の中の様子をご覧いただけることがありませんので、お楽しみください。

  • 4月

  • 5月

  • 6月

  • 7月

  • 8月

  • 9月

  • 10月

  • 11月

  • 12月

  • 1月

  • 2月

  • 3月

  • 第34回入学式

    皆さん、こんにちは。
    今年の桜の開花は例年と比べて少し遅めでした。
    先週末からの雨で桜もあっという間に散り始めてしまいました。

    さて、そんな雨続きで天候も心配されましたが、午後からは雨も上がり、
    4月8日(土)に公益社団法人名古屋市獣医師会、会館にて
    第34回名古屋動物看護学院の入学式が行われました。

    あまり緊張した様子もなく今年の学生の皆さんは
    落ち着いて入学式に出席されているように思えました。

    これから一年間勉強する各学生の机の上には、
    教科書や参考図書が積み重ねられ、皆さんの勉強意欲
    を誘ったのではないでしょうか。

    名古屋動物看護学院の授業は、毎年、(公益)名古屋市獣医師会の動物看護師養成委員会でカリキュラムの検討を行います。
    獣医療の世界も毎日のように進歩をしています。
    動物看護師にとって必要で正しい知識・情報、時代に合った内容を学生の皆さんに習得して頂こうと、私達もがんばっています。
    今年度も新しい講座が増えます。また、ご紹介させてもらいます。

    さぁ、あっという間の一年です。
    充実した一年を過ごしましょう!

  • 臨床実習 糞便検査

    入学してから早2か月が過ぎました。
    4月の授業は獣医学概論や医療事務など、臨床的学問
    に入る前に獣医学とはなんぞやという授業が多かった
    ですが、5月に入ると解剖学や生理学など獣医学の基
    礎を学び始めます。
    そして、実習授業も始まります。
    今回は糞便検査の授業を紹介します。
    犬や猫ももちろん下痢をします。その原因を探るために

    糞便を採取し、あるいは飼い主さんが持ってくる糞便で消化管寄生虫に感染していないか、細菌の数が増えていないかなどの糞便検査をします。
    病院にもよりますが、その準備や検査も動物看護師のお仕事の一つ。
    糞便検査はまず肉眼的検査を行います。

    ●糞便の量
    ●固さ
    ●色
    ●臭い
    ●粘液の付着の有無
    ●血液の有無
    ●寄生虫
    ●異物

    等をまず、糞便を見て確認します。
    そして消化管内寄生虫の虫卵など肉眼では確認できない事を顕微鏡をのぞいて検査します。
    動物病院でよく遭遇する下痢の原因となるコクシジウムや回虫などの虫卵を実際に観察します。
    やはり、教室での講義より実習の授業の方が学生達もテンションがあがります。
    今年の学生達も授業の前から楽しみにしていたようです!

動物臨床栄養指示者 名古屋市獣医師会