学生生活

学園生活

ここでは、現在名古屋動物看護学院で行われていることや、学生さんたちの日々の生活の様子をご紹介します。なかなか本学院の中の様子をご覧いただけることがありませんので、お楽しみください。

  • 4月

  • 5月

  • 6月

  • 7月

  • 8月

  • 9月

  • 10月

  • 11月

  • 12月

  • 1月

  • 2月

  • 3月

  • 第36回入学式

    平成31年4月6日(土)名古屋市獣医師会館2階講堂にて第36回名古屋動物看護学院の入学式が行われました。お天気に恵まれ、桜も満開で本当に気持ちのいい日となりました。

    本学院が開校して36回目の入学式となりましたが、36年ってすごい事なんです。
    36年前は動物看護師と言う言葉さえなかった時代です。

    全国に先駆けて当学院が動物看護師の教育に目を
    向け、力を注いできました。
    日本で最も歴史のある動物看護師を育成する学校である名古屋動物看護学院は今年も臨床現場に即した教育を行います

    実際に開業している獣医師が、今、臨床の現場で何が必要なのか、その年その時代のニーズに合わせてカリキュラム編成を行っています。
    その一つ、このブログでもご紹介した夜間救急病院の見学実習はとても有意義で心に残る実習となりました。
    また、本年度から他にも新たな特別講義をいくつか予定しています。
    このブログでも随時紹介していこうと思っています。

    さあ、学生達の夢実現のお手伝いを
    する一年の始まりです。
    私達、運営する側も新たな気持ちでがんばります。
    新入生のみなさん、一年間よろしくお願いいたします。

  • 恒例の!

    6月12日(水)毎年このBlogでも紹介していますが、
    今年も行ってきました。
    海洋性生物と触れ合おう~!
    もちろん、遊びに行ったわけではありません。
    しっかりと、海洋性生物について勉強してきました。
    聞き逃さぬよう、メモを取りながら、
    真剣に施設獣医師の話に耳を傾けていました。

    亀やアザラシなどの採血は犬や猫と違い駆血(採血の際に静脈の血流を一時的に止めて静脈を膨らませる)をして血管を目視確認して行う事ができません。実際に採血しているビデオを見せて頂きましたが、まさに神業でした。
    これはそれぞれの動物の血管の位置、解剖学をしっかりと理解されているからできる技術です。

    現在、授業では学生達は獣医看護学の基礎である生理学、解剖学、微生物学や薬理学などを学んでいます。
    例えば解剖学を習得する事で、動物看護師の重要な業務の一つである保定、
    微生物学を学ことで、目に見えない生物の危険性や清潔に保つことの重要性を理解します。

    また、こう言った基礎を学んでいることで、二学期から本格的に始まる臨床系の授業の理解へとつながります。

    5月は実習先の決定、6月病院実習本格的スタートで、お疲れ気味の学生達ですが、
    イルカショーを見ている時、実際に触れ合った時の表情は本当に楽しそうで、輝いていました。動物達に癒してもらったようです。授業の時も輝いて欲しい・・・。

    卒業後には動物達を丁寧な看護でそして心のある対応で飼い主さん達を癒してあげてください。

  • 一学期が終わって

    7月19日の期末試験をもって一学期を無事修了することができました。
    学生の皆さん、よく頑張りました。
    また、慣れない学生達を受け入れ、指導して下さった実習先の動物病院様、ありがとうございます。
    さあ、期末試験、できはどうだったでしょうか。。。結果は二学期初日です。

    期末試験後に学生達に簡単なアンケートを実施しました。
    一部回答をご紹介します。

    ◎学院やクラスの雰囲気はどうですか?

    ・楽しい、先生達が優しい。
    ・歳はバラバラだけど話しやすい。
    ・明るい、高校に比べたら落ち着いている。
    ・必ず、挨拶をしてくれるし、みんなと協力したりすることもできて、
    とても良い雰囲気だと思います。

    ◎学校生活は想像と違いましたか?

    ・意外と自分の時間も取れる
    ・想像通り
    ・想像していたよりハード
    ・授業での実習がもっとあると思ってた

    ◎授業は難しいですか?

    ・講師の方は優しそうな人達が多い
    ・覚える事がいっぱい
    ・難しい時とそうでない時ある
    ・行動学やアフリカの特別授業が面白かった

    ◎夏休みはどうする?

    ・就活、ライブに行く・実習、車校、遊ぶ
    ・実習しつつ、アルバイト
    ・長島に行きたい。

    授業は専門用語だったり、講師によってはスピードが速かったりで難しく感じる学生もいたようです。
    感じ方は人それぞれですが、皆が楽しく過ごしているようで良かったです。
    実習は二学期からまた、臨床系の授業が本格的に始まりますよ!その前に夏休みです。
    就職活動をする学生もいますが、充実した夏休みを過ごして下さい。
    長島、気を付けて行ってらっしゃい!

  • 社会人入学

    学院のブログの更新をすっかり怠けていた間に学生達の就職がほぼ決まりました!

    1学期からお世話になっていた実習先の病院から夏休み前に内定を頂いたり、夏休み中に精力的に就職活動を行ったりと、入学してから約5か月の間で就職先が決まり、担任もホッとしています。
    実習先や就職先の動物病院の皆様、今後ともよろしくお願いいたします。
    学生達にはこれで安心せずに毎日勉強、吸収でもっともっと成長してもらいたいものです。

    さて、当学院は社会人入学の学生が割合的にとても多いのも特徴です。
    専門学校や大学を卒業した後や一度社会人として他の職業の経験のある方の入学はその年にもよりますが半数を占めます。
    やはり、一年で即戦力となる知識を得られるという当学院の方針が社会人の方には合っているようです。
    という事で、年齢層も19~20代後半までが多いですが、時には40代の方も入学されますます。
    少人数制で授業を行っているのでクラスの雰囲気を心配される方もいるかもしれませんが、毎年、とてもバランスよく過ごしているように感じます。
    若い学生は年上のお姉さまから色々な事を教えてもらい、年上のお姉さま達は若さを吸収。ギブアンドテイクが上手にできているのでしょうかね!?
    恐らく、同じ目標や夢を持って入学し、勉強の事や実習先の相談、就職の情報交換などしながら、共感できる部分がたくさんあるのでしょうね。

    ちなみに今年は48歳の方が入学されました。
    皆のお母さん的存在なのか。
    この“お母さん“も昔からの夢、動物に関わる仕事、動物看護師になる夢を叶えるために、当学院を受験し入学されました。
    どの業界でもそうですが、就職に関して年齢の壁は高く、就職活動は難航します。
    しかし、“お母さん”の真面目で温和な人柄の甲斐もあり、就職も決まっています。
    夢を叶えるのに年齢は関係ないんですね。
    本当に頭が下がります。

    今後の入試日程
    一般(一次募集)     令和元年10月26日(土)
    高校推薦(二次募集)  令和元年11月30日(土)
    一般(二次募集)     令和元年11月30日(土)
    一般(三次募集)     令和2年 1月18日(土)

動物臨床栄養指示者 名古屋市獣医師会